気分は常々(じょうじょう)

晴れても雨でも今日はやっぱり素晴らしい!考え方ひとつで気分は常に上々!

ルーティンの基は些細な気づき…😀😁🙂

「頭のいい人、悪い人の考え方」決定的な1つの違い(ダイヤモンド・オンライン) https://news.yahoo.co.jp/articles/dcd02b303232d69cf2c8ab94cd9e6d3ca3ce5ee6

 

私はどちらかというと験を担ぐ方だと思っています。

 

また、それはルーティン化すると割と体が覚えているというか、実行に苦がありません。

 

逆に慌ててたり急いでたりすると、ルーティンの欠如に後から気づいて、何となく気になるというか…。つまり、何かしらの不都合に気づきやすくなります。

 

逆に気づきづらくなる事象もあり…それは風景になってしまうというか、それ程重要視していない…ので、ならばそれはルーティンというものでもありませんね。

 

ルーティンのスタートは、やはり無いところに何かを加えるのですから、要するに取組みからです。

 

それがいつの間にか身につき、いつの間にか欠かせないものになり。欠かすと気になる…。

 

それは間違が起きづらくなる工夫というかオペレーションなんですね。

 

だから、何でできないんだ!って騒ぐよりその原因を撃つってことに繋がります。

 

長い人生では、そんな原因と結果の繰り返しの中で培う、誰でもできることを長く続けることの評価でありそしてそれは難しい…まさに平凡も長く続けると非凡ってことですね。

 

テニスプレイヤーの大坂なおみさんは、コートに書いてあるスボンサーの文字を通り際に踏んでしまうと、また元に戻って飛び越え直すとのこと…。

験を担ぐとは自分のスタイルがあるということ。

元メジャーリーガーのイチローさんは数え切れない験を担ぎがあるんですってw

 

それだけ自分を見失わないマニュアルがあるんでしょうね。

 

問題解決は、工夫の上に長く続くこと、そして意味を持つことと思わせていただく記事でした。

 

今日はここまで😀🖐️

 

ということ…🤔😑☺️

調子がいい

調子にのってる

ということ…。

 

心配

怖がり

ということ…。

 

挑戦

無鉄砲

ということ…。

 

すべて前者には自分の今の状況や環境、いわゆる現在や未来を認識しております。

 

後者においては、後先を鑑みず立ち振る舞う姿が浮かびます。

 

調子がいいから挑戦する者はすべからく心配や不安を背負っていますから、常に冷静でありながらも熱い志(こころざし)を要します。

 

一方においては、常に今、身の回りだけが視界なので、あらゆる結びつきを知らずのうちに排除してしまいます。

 

正しいイケイケドンドンとは、常に前者であるべきです。

 

そして前者であるならば…

 

イケイケドンドンイケイケドンドン!

 

ですww

 

今日はここまで☺️🖐️

 

 

 

 

 

 

対立と協調…😁☺️😀

企業において、上司と部下、管理者と作業員、本部と店舗等、見る側と見られる側となっていますが、この関係性も国によって千差万別です。

私が特に気になっているのは、日本における統括する側とされる側の姿勢が、海外のそれとはかなり異なるところです。そして私にとってとても残念なことでもあります。

 

武士の時代は、それこそあまりに体(てい)を整えることに夢中になりすぎるとボロが出たときには最悪腹切りによって命を無駄にするくらいの沙汰が下されたようですが、武士は食わねど高楊枝くらいの見栄が一番害が無いと言えましょう。現代では命まで取られないから見た目を重視する…って言い換えられますww

 

日本の企業、特に上場してる位の大手の現場では、嫌というくらい目にするのが、本部の者が現場視察に来るってときの現場の取り繕い方。

 

そもそも、普段の姿を見てもらわなきゃ意味無いのに、突然、やれ掃除だ整頓だ口裏合わせだと、普段では考えられない位の目配り気配り…いや、それ普段からやれよっ!ってしみじみ思います。

 

これは何も現場だけが悪いとも限りません。

 

観る側にも問題あり!

 

行けばすぐにグチグチ指摘するとか、取り繕いに気づけないとか、そういう者がバイジングするなら、ある意味現場は取り繕いやすいってものです。

 

対立感からスタートしちゃうんですな。

 

私はいつも心がけています。

行ってすぐに仕事の話はするな!と。

 

現場は構えるのではなく、構えさせられているということです。

 

海外では、バイジングに来た相手に現場では…

 

おぉ、よく来たね、俺の仕事は完璧さ!な、すごいだろ!

 

と、あくまでも協調感、言い換えれば現場の仕事を実際にオペレートできない相手には仕事の役割分担として同等の立場を求めます。ここも大切。けして上から目線では無いからあくまでも同等。

 

日本なら、バイザーに対して上から目線激しいのがいわゆる職人さんですね。経営のわからないただ腕だけでマウント取りたがる方ww

 

本当に腕のある職人さんは経営の見地もしっかり身につけていますから、けしてマウントの取り合いなんかありゃしません。

 

海外もそういう感じで、現場の長と本部の人間はあくまでも仕事の上では同等、仕事は協調なんです。

 

だから…○○できるか?に対し、OK検討してまとめておく、いい返事を期待して待っててくれ!

 

という感じなのです。

 

隠し立てが無いからスムーズに問題解決できる。

 

日本のトップ企業であるTOYOTAは、これを仕組み化したわけで、それがKAIZENって呼ばれ、日本よりも海外で参考にする企業が続出したわけ。

 

誰がでは無く、何が正しいか!…の仕組み化!

 

日本の企業はまだまだ海外に追いつけません。

 

企業時価総額ランキングでは、アメリカがダントツトップ、次いで中国、日本のトップ企業のTOYOTAですら29位です。

 

悪しき日本の伝統を守り続け、良い日本の伝統は海外に流れていく…これがあの経済大国世界2位だった国の現状であり現実です。

 

企業内のマウントなんか何も意味を持たないということを今一度考えたいものです。

今日はここまで😤🖐️

 

 

 

 

囲師必闕… …😤👍

上司としてあまりに稚拙なのは、部下に対しこれでもかと正論を並びたて論破した挙げ句、そんな自分に酔いしれる者でございましょう。

 

ま、先日まさにそのような場面に遭遇し、さすがの私も「随分可愛がっているようだけど、その気持ちが伝わってれぱいいねぇww」と皮肉交じりに一言お伝えしてしまいましたww

 

あのね、それ一歩ズレたらパワハラですよぉ。

 

そもそも古来より、弱い立場の人間を最後まで追い込む人物は、○○の穴が小さい奴って相場が決まってますので。

 

おなじみの孫子の兵法でも伝えてます。

 

「囲師必闕(いしひっけつ)」

 

★★窮地に追い込んだ敵は死に物狂いになって、思わぬ反撃を仕掛けてくることがある。そのため包囲した敵には、あえて逃げ道を開けておくという戦術。

「囲師(いし)には必ず闕(か)く」と訓読します。★★

 

窮鼠猫を噛むとか言いますが、やりすぎると逆ギレされまっせ!という意味です。

 

徳川家康も逃げたことあるし、撤退も立派な戦術です。そこは徹底的に追い込むことによりこちらも要らぬ損害を得るってことです。

 

ちなみに、その人…やはり上司に呼ばれて何か叱られていたような姿をチラ見しました。

 

だろうねwww

 

今日はここまで😁👍

 

 

誰がではなく何がミスを引き寄せるか…😔😑🤔

「ミスに厳しい職場ほどミスが多い」にみえる真理~対立ない人間関係には「心理的安全性」が重要(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/a1c78101311b7db473b70ec3fb1dafdec85f4161

 

あけましておめでとう~ございます☺️

 

環境というものは、時に人を成長させたり抑圧して萎縮させたりするものです。

 

ミスを犯すことそのものに、どのように取り組むかということが要となるという記事でもあります。

 

誰がミスしたかではなく、何故そのミスが起きたか?

 

ここなんですね。誰が正しいかではなく、何が正しいか。

 

ミスを犯した者が何よりそのミスの本質を知る訳ですから、その口を簡単に閉じてしまっては勿体ないことです。しっかり言い訳させましょうww

 

メーカーなどが、新しい試みや商品を世に出すことの奥にはたくさんのクレームが存在し、またそれは不可欠なのです。進化や深化の大切なデータは良かったというアンケートより、ここがダメだとか使いづらいとかのクレーム含む辛辣なご意見が後押しするのです。

 

ミスも同じ。そのミスの背景がさらなる高みへの要素になり得るのですから、誰がってことより何故ってことのほうがとても重要。

 

そこを出しやすくしてある環境は逆にいい場所と言えます。いろんな意味で隠匿したがる場所ってのはとても誇れる環境ではありません。小さなミスを流すから積もり積もって大きなミスを引き寄せるのです。

 

風通しがいいって言葉がありますが、それはミスを悪とするのではなく、進歩への取り組みだと思えれば先が明るくなるというものです。

 

罪を憎んで人を憎まずという言葉がありますが、そんな意味にも通じますね。

 

今日はここまで😁🖐️

決定的な悪とは…😑😔😫

「部下からの評価が高い上司とそうでない上司」決定的な差(ダイヤモンド・オンライン) https://news.yahoo.co.jp/articles/5c716c8f22ec1ba348f20c8967c2ecaae3e7f2c6

 

最も危惧すべきこと、そして常態化したときに企業の質が激的退化すること…それは、部下のフィードバックを煙たがる上司が存在することです。

 

これは最悪。

 

部下は上司を選べません。が、心理的には選んでいます。どうせ言っても無駄だから…と距離を置かれたら、実はその上司が仕事にならんのです。仮にボトムアップしたらなんやかんやと煙に巻かれたり、またはそんなのいいからやることやってろと否されたりした挙げ句、裏ではめんどくさい部下だなんて言われてるのを耳にした日には、もう企業の代謝がストップするかスタッフが退社するか…タイシャで韻がふめるってもんです。

 

ボトムアップ歓迎、諸問題歓迎、議論大歓迎って気持ちの方が、ずっと廻りがいい組織でございます。代謝が良いほど若々しい元気な会社でいられるってことです。

 

上司になればなるほど、その辺を大きく受け止められる器になり、そしてその器を磨けるようさらなる精進が必須です。

 

上司って、やり甲斐あるし精神的に忙しいと心得て積極的に部下の不平不満を受け止めて前に進みましょう。

 

今日はここまで😊🖐️

成果制と年功序列賃金制…😑🤔😔

「平均年収は韓国以下」日本人の給料がちっとも上がらない決定的な理由(プレジデントオンライン) https://news.yahoo.co.jp/articles/1f5ac9bc62dd5272fe73c8620544798d067e854b

 

私は(サラリーマンの時期もありましたが…割合としては)長く個人事業主としてやってきていますので、言わば成果主義の中でやってきました。

 

年功序列型賃金の経験が乏しいことが幸いしているのか、世の中がボーナス商戦とかで盛り上がっていても他人事でありました。

 

結果が出れば収益が太くなるし、仕事が減れば収益が痩せていくのは今も変わりません。

 

だからかな?良くも悪くも賃金が長年変わらないということの感覚が無かったです。が、物価が上がらないことによる不景気感覚は長く感じております。

 

幸いにも物販的な世界で生きていないので、売れる売れないというジレンマとは少し距離がありますが、それだけに自分の仕事への値段設定がとても難しいとも言えます。

 

クリエイティブ側面の強い仕事だけに、良し悪しの判断もモノを挟むよりシビアな世界ですので、いつも頭の熱が下がりませんw

 

とにかく、日本の経済をブチ上げるなら、年功序列型賃金は私にはやはりモチベーションが上がりませんね。やはり成果等価主義が何より人は動くでしょう。但し、動く人は動くということで、動かない人は、賃金体系がどうだろうと動かないとも思っています。

 

ま、結局やる人はやるってことですから、ならば成果主義がいいんじゃないかなって私は思っております。

 

今日はここまで😑🖐️